2020年06月28日

横井小楠記念館&徳富蘇峰・蘆花の生家を訪ねる 〜熊本市・水俣市〜


幕末の大先生、「横井小楠記念館」を訪ねました。
塾「四時軒」は、熊本地震で倒壊してしまい、現在再建中ですが、資料館は見学できます。
スタッフの方に質問すると、丁寧に説明していただけます。
熊本ICから車で5〜10分くらいです。

横井小楠を吉田松陰、坂本龍馬などの幕末の主人公が訪ねております。ポジション的には、幕末の大先生でしょう!
福井藩松平春嶽公に招かれて相談役となり、幕末舞台裏の演出者と言えます。
熊本市の観光ガイド
塾には、郷士の方が多く学ぶとともに、支援をしていたようです。(水俣の惣庄屋、徳富蘇峰・蘆花の父など)
細川藩の藩士はこの塾で学ぶことは少なかったようです。

先生、酒癖が悪く、大声で議論したんでしょうね。何か、肥後・熊本人らしいタイ!

CIMG2571.JPGCIMG2570.JPG
CIMG2567.JPGCIMG2559.JPG


CIMG2563.JPGCIMG2560.JPG

塾「四時軒」は、地震で倒壊して現在再建中(コロナ中断)
CIMG2569.JPG



徳富蘇峰・蘆花の生家 水俣市
兄の徳富蘇峰は、ジャーナリスト、歴史家、思想家として活躍し、弟の徳富蘆花は「不如帰(ほととぎす)」、「自然と人生」など数々の名作を生みだした小説家です。二人の父が、横井小楠の塾に入門しています。
現在、コロナ自粛で中には入れません。

CIMG2539.JPGCIMG2540.JPG
CIMG2544.JPGCIMG2542.JPG



御立岬温泉センター 〜野天風呂からの風景が最高です!!〜
熊本県芦北町田浦町の温泉センターですが、野天風呂から不知火海の風景が望めます。日本一の風景だと思う。
夕暮れだけでなく、晴れた日の海もきれいです。
丘の上から一望でき、夕日がとてもきれいです。400円

CIMG2557.JPGCIMG2527.JPG











posted by タージマハール at 17:59| Comment(0) | 日記

2020年02月24日

「初恋・踊り子」の村下孝蔵さんの水俣の実家付近を訪ねる。


踊り子、初恋で有名な村下孝蔵さんの水俣市の実家付近です。 
経営されていた映画館付近を訪ねました。水俣市医療センターの近くです。

ここが実家が経営されていた映画館のあった通りです。随分寂しい感じです。
DSC_0067.JPGDSC_0072.JPG

近くの居酒屋の方に聞くと、この建物が映画館があったところのようです。
DSC_0071.JPGDSC_0069.JPG

ちょっと歩いたところに「初恋通り」があります。水光社の近くです。記念碑があります。
DSC_0075.JPGDSC_0074.JPG
DSC_0077.JPGDSC_0078.JPG


続きを読む
posted by タージマハール at 21:46| Comment(0) | 日記

2019年12月14日

平和祈念展示資料館 〜都庁の展望室から立ち寄り〜


「新宿住友ビル」の中に、第二次世界大戦後のソ連による抑留をテーマにした資料館があります。
ソ連抑留の実態や日本人の現地での抑留生活を知ることができます。
都庁の展望室などに行かれた時にお寄りください。(すぐ近くです。)
(無料、月曜日休館)

DSC_0031.JPGDSC_0032.JPG

DSC_0033.JPG

赤紙です。(召集令状)
DSC_0034.JPGDSC_0035.JPG

テーマがシベリア抑留ですので、戦争観としては、バランスが悪いですが「シベリア抑留」については勉強になります。

「戦線の展開」が下記の地図ですが、こんなに広げて何の戦略があったのか? 
陸軍と海軍でじっくり話し合った形跡はないです。(司馬さん受け売り)
戦争時の海外での日本人の死亡は、餓死、病死が7割を占めたと言われています。
日本は、個人的人権が非常に弱く、全体のためなら、個人的権利は、無視され、犠牲になることが
要請され、またそれが讃えられるところがありますので今後も要注意です。
DSC_0036.JPGDSC_0038.JPGDSC_0040.JPG

抑留された人が、現地抑留地で作ったスプーンです。ソ連から、金属材料を与えられて作ったわけでなく、自分の達の持ち合わせた
金属から作成したものです。手先が日本人は本当に器用です。
DSC_0042.JPG

posted by タージマハール at 10:44| Comment(0) | 日記